それは、ズルい。と思いませんか?

今もメールなどでチョイチョイお問合せを頂く、エバーチューブの発売時期について・・・。

「発売したら、すぐにでも欲しい」

「販売時には、代理店として商品を卸してもらえないか?」

って・・・。

Copyright Izawa Mitsuteru. All Rights Reserved.

一様に「出来上がったら・・・」って(汗)。

なんで、一緒に手を取り合い、支え合って、完成させたいとは、思わないの?(涙)。

そこの、大企業の社長さん!

確かに、海の物とも山の物ともわからんですからねぇ。

販売されるまでは静観して、いざ出来上がったら商品を手に取って使ってみて、「こりゃ~売れそうだ!」と思えば飛び付き、安く仕入れて高く売って、差益を頂戴する。

これは、まぁ~、至極真っ当な「あきんど」でんがな、まんがな。

でもね・・・。

おいしいところだけを、ペロッと頂こうなんて・・・。

ズルいよ・・・。

こちとら、エバーチューブにかけてんだ。

言葉通り、今までの財を全て投げ売り、繁盛していた店を閉めて、生活も切り詰めているんです。

全ては、エバーチューブを世に出すために。

そのために、沢山の方々にご迷惑をお掛けしてしまった・・・。

でも、ご迷惑をお掛けしてしまった方々へは、いつか必ず恩返しをしたい・させて頂くつもりです。

だってそれは、間接的に私とエバーチューブを応援して頂いている事と同じだから。

もちろん直接的にエバーチューブの開発に応援して頂いている方々にも同様に、恩返しとして利益を享受する権利があります。

いずれも法的な責務は無いのですが、これは私にとって道義的な務めだと思っているから。

たぶん、ゼロから全く新しいものを作るという事が、どんなに大変なことか、当事者でなければ誰にも理解されないでしょう。

24時間365日、寝ても覚めても「新しいエバーチューブ」について考えを巡らせて、設計・試作・検証を続ける日々。

そのおかげで、今までにない、まったく新しいアイディアが、山のように考案され蓄積されています。

しかし・・・、私も2人の子供と妻を持つ身、世帯主として日々の生活基盤を維持しなければならず、やりたい事が思うように出来ない・進まない現実。

この苦悩も、誰にも理解されないんだろうなぁ・・・。

だから、何もリスクを負わず、おいしいところだけを持って行こうなんて、とんでもない話なんです。

ただ、消費者として待っていてくださるのは、正当な話です。
自転車等の販売店として待っていてくださるのも正当な話です。

ただ、企業・法人として、エバーチューブを扱いたい利益を得たい、メリットを得たい、と狙っているのであれば、あきらめてください。

販売開始してから、支援を提案されても、絶対に受けません。

販売開始してから、自社の製品とコラボ企画を提案されても受けません。

販売開始してから、代理店どうのこうの言われても、お断りいたします。

世間が必要とする、本物の製品というのは、宣伝や営業活動をせずとも、自ずと求められ、売れ続けます。

そして、一部の悪意のある代理店が得る暴利を省ければ、小売り価格も適正になり、更に消費者は買い易くなります。

ですから今、この時、御社は私の苦悩に見合うリスクを負う覚悟がないのであれば、あきらめてください。

もし今、その覚悟があるのであれば、私は惜しみなく、全てをさらけ出ししますし、今後の正当な利益を享受する権利を得られます。

企業・法人様、是非ご支援をお願いいたします!
(もちろん、個人でも結構です。)

 

これだけはお約束します。

私は、近いうちに、今まで見たこともない「製品」を作ります。

そして、それは「パンクしないタイヤ」だけじゃない領域にまで到達しようとしています。

それが生まれる瞬間、一緒に鳥肌を立てて感動しませんか?!

Copyright Izawa Mitsuteru. All Rights Reserved.

だから私は、完成度には執着しますが、目先の利益には執着しません。

欲を出したって、いいことなんてありません(でした)。
利益なんて、後からいくらでも、ついてくるんですから。

全ては、本物のエバーチューブをこの世に生み出すため、
だから。

 

「それは、ズルい。と思いませんか?」への6件のフィードバック

    1. いつも、グッドタイミングで応援してくれて、ホントにありがとうございます!

      もちろん大丈夫ですよぉ~(笑)。
      角田さんは、販売前の試作テスト候補者にリストアップされてますので(爆)。

      引き続き、よろしくお願いいたしま~す!!

  1. 型善という会社がeコアというエバーチューブそっくりのチューブをだいぶ前に販売して今自分もそれを使っています、ブリヂストンも2019年にノーパンクタイヤを発売する予定なので早く出さないと…出しても厳しいかも…もっと早く出してれば売れたかもしれないけど…

    1. アドバイスありがとうございます。

      私も某社(複数社)のノーパンク系の商品を、かなり前から手に入れて使っています。

      ですが、どれもペダルが重くて、乗り心地が悪くて、日常使用には耐えられませんでした。

      他の利用者にもヒアリングを行いましたが、いずれも同じ回答で「ノーパンクのメリットと 日常使用のデメリットの バランスが合わず、空気のタイヤに戻した。」という意見が殆どでした。

      某タイヤメーカ社のノーパンクタイヤは、高齢者向けの電動カートのようなものから始めるそうですが、これも数年前から調査済みです。

      私が、目先の利益ばかりを優先していたのなら、現在公開しているあのエバーチューブを売っていたでしょう。

      でも、それをしていたら、きっと「某社のノーパンク系商品」と同じ運命だっただろうと思っています。

      既に販売しているノーパンク商品が、本当に良いモノで、使用者が満足する製品ができていれば、
      今頃は全国・全世界に広く普及しているはずなんですけど・・・。

      でも、普及していないのは何故か?

      そこが、私が開発を続けている製品との大きな違いです。

      私は、売れる・売れないの「商品」を作っているのではありません。

      私は、世界の人たちから、本当に求められる「製品」を生み出そうとしているのです。

      これが「負け犬の遠吠え」なのか「成功者の金言」となるのかは、いずれ分かるでしょう・・・。

  2. 2015年の冬にタイヤウォールと出会って早2年過ぎ、その間にお互いの距離が物理的に遠くなったので疎遠になってしまいました。(私は田舎に引っ越すし、マスターは横浜いっちゃうし)
    今回のブログをみて、最初のころとなんら変わりないこと言ってるなぁ、と同時に、気持ち少し復活してきたかな、とちょいとうれしくなりました。
    それにここまで風呂敷広げられたら期待せずにはいられませんよ、商売の話は正直助けてあげられませんが、今でもしっかり応援していますよ!

    だって私はがっちりマンデーしたいですし(笑)

    そういや夏タイヤはしょうがないから自分で履き変えました。久々のタイヤ交換に、あーマスターに押し付けられれば、と考えながら泣く泣く作業しました。
    千葉店復活してくれたら持ち込むのになぁ、とそっちも密かに期待しています。

    1. どうもどうも、いつもご支援ありがとうございます!!
      ホント、待たせてしまってすみません・・・。

      でも、前進していることは間違いありませんので、風呂敷はそのまま広げてガッチリ待っててくださいね!(笑)。
      あっ、風呂敷広げてんのは私の方でしたね(汗)。

      セルフタイヤ交換、すんませんっす、千葉店の復活もガンバリマス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です